マンション投資をしよう|リスクが少ないので安心できる

住宅模型

土地活用で成功する方法

スーツの男性

空室リスクを減らせる契約

土地を持っていて遊ばせておくだけでは税金がかかって資産価値が目減りするだけです。資産価値を上げるためには土地活用が適しています。土地活用といえばマンション経営ですが、空室リスクがつきものです。その不安を解消する方法が家賃保証です。自分の土地でマンション経営をする場合、マンションの建設から始めることになります。この時に不動産業者と家賃保証の契約を結ぶと、マンションの管理から全てをやってくれます。もし空室が出た場合には家賃保証をしてくれるのです。初めてマンション経営する人にとっては便利な仕組みです。ただし保証料として家賃の20パーセント程度の手数料を支払うことになります。その分家賃収入が減りますが、空室が出た時の保証があるというメリットがあります。

管理を委託するメリット

土地活用でマンション経営が人気なのは、毎月安定した収入を長期間得られるからです。またマンションを建設する不動産業者と家賃保証をすれば空室リスクを減らせるので、初心者には特に人気があります。また不動産業者がマンションの管理を行ってくれるので、オーナーは何もしないでよいという点も人気の理由です。例えば住民同士のトラブルが発生したり家賃を滞納する住民が出たりすると、オーナー個人ではとても対応しきれなくなります。そのような時に不動産業者が管理してくれると助かります。また空室が出たあとは入居者募集をすることになりますが、これも不動産業者がやってくれるのでオーナーの手間が省けます。このようにマンション経営をする時には家賃保証をしてくれる不動産業者を選ぶというのも、重要な選択肢の1つとなります。